|Program Top|Top

平成20年度 飯綱・サイエンス・サマー道場

- 進化・発展するナノエレクトロニクス。その本命は? -

主催 (社)未踏科学技術協会
共催 (財)新技術振興渡辺記念会
後援(予定) (社)応用物理学会、(社)電子情報通信学会、(社)日本物理学会、
(社)電子情報技術産業協会、(独)日本学術振興会、(独)科学技術振興機構
企画責任者 白木 靖寛(武蔵工業大学 副学長)
校長 長谷川 英機(北海道大学 名誉教授)
副校長 石橋 幸治(理化学研究所 石橋極微デバイス工学研究室 主任研究員)
日時 2008年8月16日(土) 15:00 〜 8月18日(月) 12:40
場所 長野県飯綱高原 「ホテルアルカディア
(〒380-0081 長野県長野市門沢5299  tel:026-239-2011)
 JR長野駅から無料送迎バスあり(所要時間:30分)
定員  大学院生  30名程度
 企業の若手研究者 30名程度(当サマー道場会員および企業会員を優先します。)
 中堅からシニアメンバー 20名程度

※宿泊施設の関係で、定員になり次第、締め切らせていただきます。
  悪しからずご了承下さい。
参加費  企業一般                    40,000円
 大学および公的研究機関所属者     20,000円
 大学院生(大学院生には別途1万円を補助)  5,000円

※上記参加費には、資料代を含みます。
  現地までの交通費と宿泊費(1泊¥11,550 学生は1泊\9,450 朝夕食込)、
  2日目昼食代(\1,500)は、参加費に含みません。
  各自ご負担いただきますことをご了承下さい。
申込・
問合せ先
(社)未踏科学技術協会 飯綱・サイエンスサマー道場
担当:大貫
〒105-0003 東京都港区西新橋 1-5-10 新橋アマノビル 6F
Tel 03-3503-4681 Fax 03-3597-0535 E-mail nanosci08☆sntt.or.jp
              ※メールは「☆」部分を半角「@」に変更して送ってください。
講演プログラムおよび日程表
8月16日(土)
14:00-15:00  受付
15:00-15:10  開会式  白木 靖寛(武蔵工業大学)
   木村 茂行((社)未踏科学技術協会)
 長谷川 英機(北海道大学)
セッション1
15:10-16:20  「ナノエレクトロニクスの産業化に向けて」  渡辺 久恒((株)半導体先端テクノロジーズ)
16:20-17:30  「シリコンナノエレクトロニクスと今後の展望」  平本 俊郎(東京大学)
17:50-19:40  レセプション(夕食含む)
20:00-21:00  ポスターセッション1
         ランプセッション1
21:00-22:00  特別講演「次世代エレクトロニクス応用へ向けたグラフェン材料
 の可能性」
 二瓶 瑞久(兜x士通研究所)
8月17日(日)
07:30-08:50  朝食
セッション2
08:50-10:00  「新材料の導入によるシリコン集積回路における新たな研究展開」  鳥海 明(東京大学)
10:00-11:10  「シリコン集積回路の現状とその微細化終焉後の世界」  岩井 洋(東京工業大学)
休憩(10分)
11:20-12:30  「III-V半導体ナノデバイスの新展開」  長谷川 英機(北海道大学)
12:30-13:50  集合写真撮影後、昼食
14:00-17:00  エクスカーション
17:30-19:30  懇親会(夕食含む)
20:00-21:00  ポスターセッション2
          ランプセッション2
21:00-22:00  特別講演「超伝導量子コンピュータの現状と展望」  高柳 英明(東京理科大学)
8月18日(月)
07:30-08:40  朝食
セッション3および閉会式
08:40-09:50  「窒化物半導体デバイスとパワーエレクトロニクスへの展開」  上田 大助(鰹シ下電器産業)
休憩(10分)
10:00-11:10  「半導体スピンエレクトロニクスの現状と展望」  田中 雅明(東京大学)
11:10-12:20  「カーボンナノチューブのナノエレクトロニクスへの応用」  水谷 孝(名古屋大学)
12:20-12:40  閉会式  長谷川 英機(北海道大学)
※解散後、長野駅行き送迎バス出発

|Program Top|Top