|Program Top|Top

第5回ナノサイエンス・サマー道場

― 量子オプティクスの基礎と応用 ―

主催 (社)未踏科学技術協会
協賛 三菱商事株式会社
後援 (社)日本物理学会、(社)応用物理学会、(社)日本化学会、
(社)応用磁気学会、(社)レーザー学会、(社)電子情報通信学会
企画責任者 上村 洸(東京理科大学 特別顧問・東京大学 名誉教授)
校長 加藤 義章(日本原子力研究開発機構 執行役)
副校長 山口 豪(静岡大学) 
日時 2006年8月16日(水)15:00 〜 8月18日(金)13:00
場所 長野県飯綱高原 「ホテルアルカディア
(〒380-0081 長野県長野市門沢5299  tel:026-239-2011)
講演プログラムおよび日程表

※プログラム中の講演者の方々のご所属は、サマー道場開催時のものです。
現在は変更となっている可能性がございますが、悪しからずご了承下さい。

8月16日(水)
14:00-15:00  受付
15:00-15:20  開会式  木村 茂行((社)未踏科学技術協会)
セッション1
15:20-16:40  「光で創るマクロな量子現象」  五神 真(東京大学大学院)
16:40-18:00  「ボース・アインシュタイン凝縮の世界」  上田 正仁(東京工業大学大学院)
18:00-20:00  レセプション(夕食含む)
ランプセッション1
20:20-21:50  特別講演「光子とスピンを用いた量子情報処理」  山本 喜久
 (スタンフォード大学 ギンツトン研究所)
8月17日(木)
07:30-08:50  朝食
セッション2
08:50-10:00  「光の場の中の分子 ‐ 光科学の新領域」  山内 薫(東京大学大学院)
10:10-11:20  「レーザーによるテラヘルツ波の発生とその多様な応用」  萩行 正憲
 (大阪大学 レーザーエネルギー学研究所)
11:20-12:30  「光科学の前線」  田島 俊樹(日本原子力研究開発機構
 関西光科学研究所)
12:30-13:50  集合写真撮影後、昼食
14:00-17:00  エクスカーション
17:30-19:30  懇親会
ランプセッション2
20:20-21:50  特別講演「将来のデジタル放送に求められるディスプレイ」  佐藤 史郎
 (日本放送協会 放送技術研究所)
8月18日(金)
07:30-09:00  朝食
セッション3
09:00-10:20  「フォトニック結晶の基礎と展望」  野田 進(京都大学大学院)
10:40-12:00  「ナノオプティクスで広がる世界」  堀 裕和(山梨大学大学院)
12:00-12:30  閉会式
※解散後、長野駅行き送迎バス出発
|Program Top|Top