|Program Top|Top

第3回ナノサイエンス・サマー道場

― 半導体ナノサイエンスとその応用 ―

主催 (社)未踏科学技術協会
協賛 三菱商事株式会社
後援 (社)日本物理学会、(社)応用物理学会、(社)応用磁気学会、(社)電子情報通信学会
校長 白木 靖寛(武蔵工業大学)
副校長 山口 豪(静岡大学) 
日時 2004年8月17日(火)午後3時〜8月19日(木)正午
場所 長野県飯綱高原 「ホテルアルカディア
(〒380-0081 長野県長野市門沢5299  tel:026-239-2011)
講演プログラムおよび日程表

※プログラム中の講演者の方々のご所属は、サマー道場開催時のものです。
現在は変更となっている可能性がございますが、悪しからずご了承下さい。

8月17日(火)
14:00-15:00  受付
15:00-15:20  開会式  木村 茂行((社)未踏科学技術協会)
セッション1
15:20-16:40  「ユビキュタス社会と半導体ナノテクノロジー」  荒川 泰彦(東京大学大学院)
16:40-18:00  「半導体技術開発のキーポイント」  廣瀬 全孝((独)産業技術総合研究所)
18:00-20:00  レセプション(夕食含む)
ランプセッション1
20:20-21:40  特別講演「ナノテクノロジーの行方(ゆくえ)」  横山 直樹((株)富士通研究所)
8月18日(水)
7:30-9:00  朝食
セッション2
9:00-10:20  「半導体量子ドットの科学」  樽茶 清悟(東京大学大学院)
10:20-11:40  「ヘテロ構造のシリコンデバイスへの応用」  白木 靖寛(武蔵工業大学)
11:40-12:50  集合写真撮影後、昼食
12:50-14:10  「窒化物半導体の新展開」  名西 穂之(立命館大学)
14:30-18:20  エクスカーション※
18:20-20:20  懇親会
ランプセッション2
20:20-21:40  特別講演「科学技術の新たな方向−第4の価値−」  北澤 宏一(科学技術振興機構)

※第3回ナノサイエンス・サマー道場のエクスカーションでは、戸隠神社を見学しました。

14:30  ホテル発
15:00  鏡池着
15:15  鏡池発
15:25  奥社入口着 〜 散策 〜 奥社参拝 〜 民族資料館・忍者屋敷見学など
16:30  奥社発
17:00  ホテル着
8月19日(木)
7:30-8:45  朝食
セッション3
8:45-10:05  「量子デバイスの集積化と室温動作化に向けて」  長谷川 英機(北海道大学)
10:05-11:25  「半導体スピントロニクス」  田中 雅明(東京大学大学院)
11:25-11:40  休憩
11:40-13:00  「半導体を用いた量子コンピューティングデバイス」  石橋 幸治(理化学研究所)
13:00-13:20  閉会式
※解散後、長野駅行き送迎バス出発
|Program Top|Top