ライフサイクルアセスメント(LCA)実践講座

LCA実践講座 講師のご紹介

稲葉 敦

(工学院大学工学部環境エネルギー学科 教授・一般社団法人未踏科学技術協会 理事)

本講座代表。LCA研究においては世界の第一人者である。平成21~23年度経済産業省「カーボンフットプリント制度試行事業」ルール検討委員会委員長。日本LCA学会会長。

田原 聖隆

(独立行政法人 産業技術総合研究所社会とLCA研究グループグループ長) 

インベントリデータの専門家。LCAソフト開発、データベース開発に従事してきた。環境効率指標の開発、環境教育など幅広い研究活動を実施している。本講座の実務者コースを担当

水野 建樹

(一般社団法人未踏科学技術協会特別研究員)

持続可能な消費と生産、環境効率指標、LCA思考の環境教育手法、環境影響評価手法などの調査・開発事業に長年従事してきた。本講座の実務者コースを担当。

内田 裕之

(みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部シニアコンサルタント)

LCAに関して15年以上の実務経験を持ち、官公庁の政策支援から中小企業へのコンサルティングまで幅広くLCAの業務を展開している。本講座の管理者コースを担当。

樋口 晴美

(みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部チーフコンサルタント)

企業のLCA算定、構築支援や、官公庁の政策支援を担当している。本講座の実務者コースを担当。2012年LCAエキスパート検定試験合格。