特別講演会

一般社団法人 未踏科学技術協会 特別講演会 量子計算利用シリーズ 第1回

人工知能・IoT時代の量子コンピュータ、量子アニーリング、量子ニューラルネットワーク

~量子ビジネスの幕開け~

日 時:2018年 2月 1日(木)13時30分~16時45分

場 所:公益社団法人日本化学会 化学会館 6階 601会議室

定 員:60名 (先着順:恐縮ですが、定員に達し次第、締め切らせていただきます)

近年、新聞やWebで量子コンピュータ、量子アニーリング、量子ニューラルネットワークというキーワードが世間を賑わせています。これらは、量子力学原理を情報処理に利用したコンピュータです。つい数年前まで、商用化は遠い未来の話と思われていましたが、2011年にカナダのベンチャー企業D-Wave Systemsが「量子アニーリングマシン」を製品化、2013年にはGoogle、NASA、ロッキード・マーティンに販売しました。つまり、量子力学原理に基づく計算機は既に商用化されているのです。

量子アニーリングは、量子揺らぎを制御することによって組合せ最適化問題を解く手法で、東工大の西森秀稔教授と門脇正史氏によって1998年に提唱されました。組合せ最適化問題は、農業、創薬、人工知能、金融、製造、運輸、教育等ありとあらゆる産業分野において現れるため、D-Wave Systemsによる商用化以降、世界の名だたる企業がこの分野に続々と参入しています。

量子ニューラルネットワークも光を用いて組合せ最適化問題を高速に解くマシンであるのに対し、量子コンピュータは汎用量子コンピュータとも呼ばれ、あらゆるコンピュータの上位互換として位置づけけられます。因数分解、機械学習、量子化学計算等を高速に解くことができるためGoogle、マイクロソフト、インテル、IBMなど世界的大企業がその商用化に向けた研究開発を行っています。

本講演会においては、量子コンピュータ、量子アニーリング、量子ニューラルネットワーク分野の最先端で研究開発を行っている講師陣に、基礎から最新の研究・ビジネス展開まで、できるだけ平易な解説を行っていただきます。

<< プログラム >>

13:30-13:35

開会挨拶   

(一社)未踏科学技術協会 理事長 木村 茂行

13:35-14:30

「量子コンピュータ技術の基礎と最新研究開発動向」  

産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門 グループ長
川畑 史郎 氏

14:30-15:25

「量子アニーリング技術の基礎と応用探索事例の最新動向」 

早稲田大学高等研究所 准教授
田中 宗 氏

15:25-15:40

休憩(15分)

15:40-16:35

「光を使って最適化問題を解く量子ニューラルネットワーク」

NTT物性科学基礎研究所 量子光制御グループリーダー
武居 弘樹 氏

16:35-16:55

全体討論

16:55

閉会挨拶

17:30-19:00

懇親会  (会場:カフェパンセ)  

[プロフィール]

川畑 史郎 氏(KAWABATA Shiro)産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門 グループ長

1998年大阪市立大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士課程を修了し電子技術総合研究所研究員。オランダTwente大学客員研究員、スウェーデンChalmers工科大学在外研究員等を経て2017年より現職。フランスCNRS理論物理研究センター客員教授、ロシア国立研究大学高等経済学院客員教授を併任。IoTや人工知能のための革新的ハードウェアの実現を目指し理論物理学・計算機物理学・情報工学を駆使した研究を行っている。研究キーワードは量子情報処理、超伝導エレクトロニクス、トポロジカル絶縁体、THzエレクトロニクス、スピントロニクス、原子層材料、メタマテリアル、カオス。

田中 宗 氏(TANAKA Shu)早稲田大学高等研究所 准教授

2008年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士(理学)取得。東京大学物性研究所特別研究員、近畿大学量子コンピュータ研究センター博士研究員、日本学術振興会特別研究員(PD)、京都大学基礎物理学研究所基研特任助教、早稲田大学高等研究所助教を経て、2017年より現職。2016年10月より、科学技術振興機構さきがけ研究者を兼任。研究キーワードは、量子アニーリング、イジングモデル型情報処理、統計物理学、物性理論、材料科学。

武居 弘樹 氏(TAKESUE Hiroki)NTT物性科学基礎研究所 上席特別研究員/量子光制御グループリーダー

1996年大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士前期課程を修了し、日本電信電話株式会社入社、波長多重アクセスネットワーク等の研究に従事。2002年大阪大学博士(工学)取得。2003年NTT物性科学基礎研究所にて光通信波長帯における量子通信および非線形光学技術を用いた計算機を研究。スタンフォード大学客員研究員、アメリカ国立標準技術研究所客員研究員等を経て、2017年4月よりNTT物性科学基礎研究所上席特別研究員、大阪大学大学院基礎工学研究科招聘教授。研究キーワードはコヒーレントイジングマシン、量子ニューラルネットワーク、量子通信、集積量子フォトニクス。


<< 講演会参加費用 >>

参加費:
協会会員: 6,000円   (未踏科学技術協会 会員)
協会準会員: 7,500円   (超伝導科学技術研究会 協賛団体会員)
一般: 10,000円   (上記会員以外)
懇親会:
参加費: 4,200円    
※事前のお振込みをお願い致します。
下記の郵便振替口座、または銀行口座をご利用ください。(いずれも本協会名義)
郵便振替:00150-1-82689
銀行:
 
りそな銀行  新橋支店  普通預金口座 718536
みずほ銀行 虎ノ門支店 普通預金口座 1210708
※当日の現金払いも可能です。
申込み方法:下記方法にてお申込み下さい。
オンライン申込
問い合わせ先 一般社団法人 未踏科学技術協会 
〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6階
Tel:03-3503-4681 Fax:03-3597-0535 E-mail:mitoh-sws2018@sntt.or.jp

<< 会場案内図 >>

会場地図 化学会館

アクセス:

●JR中央線・総武線

御茶ノ水駅下車  西口より徒歩3分

●地下鉄丸の内線

御茶ノ水駅下車  徒歩4分    

●地下鉄千代田線      

新御茶ノ水駅下車 B1出口より徒歩5分

 

講演会 会場:化学会館

公益社団法人日本化学会 化学会館     

〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5

TEL:03-3292-6161 FAX:03-3292-6318

 

懇親会 会場:カフェパンセ

東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学アカデミーコモン1階

TEL:03-3296-4622