特別講演会

一般社団法人 未踏科学技術協会 特別講演会IoT材料シリーズ第1回
終了致しました

「ビッグデータ時代のセンサー・ナノマシン材料」

~新機能ナノグラニュラー・マテリアルの実力~

【 講 師 】

小林 伸聖 氏

(公益財団法人電磁材料研究所主席研究員)

 

日 時:2017年 7月 12日(水)13時30分~16時20分

場 所:公益社団法人日本化学会 化学会館 5階会議室

〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 

tel 03-3292-6161 fax 03-3597-0535

定 員:60名 (先着順:恐縮ですが、定員に達し次第、締め切らせていただきます)

ナノグラニュラー・マテリアル研究の歴史は長く,基礎的・実用的な興味が持たれてきました.そしてその研究開発は,この10年ほどの間に目覚ましく発展し、ビッグデータ、IoTの時代を迎えて、センサーやナノマシンの素材として注目されています。この材料の利用により、従来のナノ材料の様々な機能をレベルアップするだけでなく、昨年10月に紹介された透明強磁性体のように従来にない新しい特徴を持つ材料も見出されています。これらの特徴は、とかく従来のナノ材料が高価であるという一般的傾向とは異なり、比較的安価に実現されています。

ナノグラニュラー・マテリアルの開発は、電磁材料研究所を中心に、東北大学や日本原子力研究開発機構などが進めていますが、電磁材料研究所の成果を様々な企業が提携して共同利用することにより様々な分野ですでに実用化も進んでいます。

この講演会では、電磁材料研究所の荒井賢一理事長にお願いし、同所で研究開発の中心となって活躍してこられた小林氏にご講演を頂くことになりました。ご講演では、電磁材料研究所の成果の活用に関する連携・提携の道も盛り込んで頂きます。是非この機会にナノグラニュラー・マテリアルの実力を把握し、皆様の今後のご活用をご検討下さいますよう、ご案内申し上げます。

<< プログラム >>

13:30~15:50 【 特別講演 】
「ビッグデータ時代のセンサー・ナノマシン材料」
~新機能ナノグラニュラー・マテリアルの実力~
講師 小林 伸聖 様 
(公益財団法人電磁材料研究所 新機能材料創生部門 部門長 主席研究員)
  1. (1) ナノグラニュラー・マテリアルとは?
  2. (2) 古くて新しい材料-研究の歴史
  3. (3) 作製方法-自然にできちゃう!?
  4. <14:30-14:40  休  憩>
  5. (4) たくさんの機能性
  6. (5) 応用例と今後の展開
 
15:50~16:20【質疑応答】(30分間。状況により多少の時間延長もあります)

[プロフィール]

小林 伸聖 様 (KOBAYASHI Nobukiyo)

1988年弘前大学理学部物理学科卒業。2004年博士(工学)(東北大学)。1988年財団法人電気磁気材料研究所(現 公益財団法人電磁材料研究所)入所。 2010年同研究所主席研究員。2017年同研究所新機能材料創生部門部門長。この間、磁性薄膜材料、金属-絶縁体ナノグラニュラー膜の研究開発に従事。1999年日本応用磁気学会学術奨励賞(武井賞)、および2012年日本磁気学会新技術・新製品賞を受賞しておられます。

概要資料

概要(Word)>概要(PDF)

<< 講演会参加費用 >>

参加費:
協会会員: 6,000円   (未踏科学技術協会 会員)
協会準会員: 7,500円   (未踏科学技術協会 特定研究会:超伝導科学技術研究会 会員)
一般: 10,000円   (上記会員以外)
※原則として事前のお振込みをお願い致します。
下記の郵便振替口座、または銀行口座をご利用ください。(いずれも本協会名義)
郵便振替:00150-1-82689
銀行:
りそな銀行  新橋支店  普通預金口座 718536
みずほ銀行 虎ノ門支店 普通預金口座 1210708
問い合わせ先 一般社団法人 未踏科学技術協会 
〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6階
Tel:03-3503-4681 Fax:03-3597-0535 E-mail:mitoh-sws2017@sntt.or.jp

<< 会場案内図 >>

商工会館

公益社団法人日本化学会 化学会館

〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5

TEL:03-3292-6161 FAX:03-3292-6318

 

アクセス:

  • JR中央線・総武線
    御茶ノ水駅下車 西口より徒歩3分
  • 地下鉄丸の内線
    御茶ノ水駅下車 徒歩4分
  • 地下鉄千代田線
    新御茶ノ水駅下車 B1出口より徒歩5分