特別講演会

一般社団法人 未踏科学技術協会 第7回総会講演会終了しました

「都市鉱山メダルの意義とこれから」

【 講演者 】

原田 幸明 氏

(未踏科学技術協会  エコマテリアル・フォーラム 会長
サステイナビリティ技術設計機構 代表理事、物質・材料研究機構 アドバイザー)

日 時:2017年 6月 26日(月)15時30分~16時30分
(14:30-15:15まで同会場にて総会を開催)

場 所:千代田区立日比谷図書文化館 4F 小ホール(旧・日比谷図書館)

(千代田区日比谷公園1番4号)

定 員:50名 (先着順:恐縮ですが、定員に達し次第、締め切らせていただきます)

<講演概要>

2020東京オリンピックでは、その勝利者メダルの原料に携帯電話機など小型家電リサイクルで得られた原料を用いることを決め、「みんなのメダル・プロジェクト」として市民に協力を呼び掛けています。このオリンピック史上初の取り組みに至るには、広範な市民の声の支えがありました。

本講演ではこの取り組みに至る過程と、寄せられた声から明らかになった都市鉱山開発の問題点をご紹介するとともに、一般に「もったいない」として語られる都市鉱山活用の意義を再考し、都市鉱山の活用を2020年に向けた一過性のものに終わらせることなく、社会に定着させていく道を探ります。  

当協会の活動を多くの方に知っていただくため、本講演会は会員以外の方にも無料にて開催いたしております。この機会にぜひご参加ください。

[講演者のご紹介]

原田 幸明(はらだ こうめい) 氏

(未踏科学技術協会  エコマテリアル・フォーラム 会長 、
サステイナビリティ技術設計機構 代表理事、物質・材料研究機構 アドバイザー)

1950年 長崎県壱岐生まれ

1974年 東京大学工学部金属工学科卒業

1979年 東京大学大学院博士課程(金属工学)修了(工学博士)

1980年 科学技術庁金属材料技術研究所入所

2002年~2006年 物質・材料研究機構エコマテリアル研究センター長

2007年~2009年 同機構材料ラボ長

2009年~同機構元素戦略センター長

2011年 元素戦略材料研究センター元素戦略調査分析統括グループ長
エコマテリアルフォーラム会長、日本LCA学会会長などを歴任
2008年に日本の都市鉱山の大きさを指摘、09年に簡便破壊による小型家電の都市鉱石化とそのための簡便「破解機」を開発、10年に都市鉱石溶解溶液からのコバルトの抽出技術を開発、11年には小型家電リサイクルでのつくば市と物材機構の技術協力を実現。

著書:「動き出したレアメタル代替戦略」(日刊工業新聞社)他多数


問い合わせ先 一般社団法人 未踏科学技術協会 
〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6階
Tel:03-3503-4681 Fax:03-3597-0535 E-mail:mitoh-sws2017@sntt.or.jp

<< 会場案内図 >>

商工会館

千代田区立日比谷図書文化館

千代田区日比谷公園1番4号

 

 

アクセス:

  • 東京メトロ 丸の内線・日比谷線
  • 「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
  • 都営地下鉄 三田線
  • 「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
  • 東京メトロ 千代田線
  • 「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
  • JR
  • 「新橋駅」 日比谷口より 徒歩約10分